当院について
HOME(ご来院される方) > 当院について > 病院長あいさつ・理念
会長あいさつ・理念
 新型コロナウイルス感染症は、2020年初頭から現在まで2年10か月に及び続いてい ます。感染者の増減を繰り返し、今回一番感染者数が多くなった第7波もようやく減 少傾向の兆しを見せています。しかし、これから寒い季節となり日本の裏側の国であ るオーストラリアでは今年7月から8月にかけて新型コロナウイルス感染症とともに従 来のインフルエンザウイルスの同時感染症が増加したとのことで、日本でもコロナウ イルスに対する新たなオミクロン株に効果のあるワクチン接種とともにインフルエン ザワクチンの同時接種がすすめられています。新型コロナウイルス感染症については 発症当時に比べて、様々なことが分かってきて最初の頃のような未知の感染症に対す る恐怖感は薄れてきましたが、今後もウイルスの変異を繰り返しながら季節性の感染 症となっていく可能性が高いのではないかと考えられています。
 さてここで現在の高齢化社会に目をやってみると、10数年前から言われてきた団塊 の世代の方々がすべて75歳以上となる2025年がもう間近となってきており、現在も高 齢化率は年々増加し、コロナ禍の中で医療機関はコロナ対応に追われ気づかれにくい ことですが、日本人の疾病構造や患者さんの医療機関への受療動向もコロナ前とはず いぶん変わってきています。国はコロナ禍の中でも高齢社会に対する医療提供体制の 構築をある部分では粛々と進めてはいますが、やはり大事なことは医療関係者だけで はなく、住民の方々も社会の変化を理解し、限られた医療資源を有効に活用する医療 提供体制の在り方を共に考えていかねばならない時に来ていると感じます。コロナ禍 の中で起こった救急搬送困難事例の増加や、発熱患者さんがすぐに受診できなかった 状況はこれからの高齢化社会の中でも問題となってきます。嶋田病院も住民の方々が 住み慣れた場所で人生の最後までを迎えられるよう、今までの「治す医療」だけでな く、「治し支える医療」に力を入れていくつもりです。
会長
島田 昇二郎
病院長あいさつ・理念
6月28日に早くも梅雨があけ、白雲が浮かぶ青空が広がり、早くも夏らしい空になっています。
皆様は、2022年の夏をどのように過ごされるでしょうか。一昨年は自粛の夏となり、昨年は7月からの第5波と重なっていました。今年はそろそろ旅行やイベント、あるいは帰省を…と考える方もいることでしょう。今年は平年よりも暑い夏になる予想だそうですので、熱中症には十分に気をつけながら、同時にコロナの感染対策も要所で適切な方法で行いながらの社会活動をお願いいたします。
病院や老人介護施設は、感染症に対して脆弱な方たちの集まる場所です。地域医療を維持するために、嶋田病院の職員に対しては一般の方たちよりもより強い感染対策を意識した生活をいまだお願いしています。もう3年目ですので、院内外の感染対策も日常に近くなっていますが、慣れてしまって対策がおろそかにならないように、日々気をつけながら診療を行っています。
新型コロナウイルス感染症は、病院施設における普段の感染対策の重要性と新興・再興感染症への対応準備の必要性を改めて教えてくれました。流行の最盛期に対応できる余力持ちつつ、平常時(アイドリング状態)にどのような診療体制がよいのか考えさせてくれました。2025年2040年に向けて、「地域医療構想」「働き方改革」「地域包括ケアシステム」「救急医療」「感染対策」など様々なキーワードが浮かんでいますが、地域の皆様が安心して生活できる小郡三井地区にしたく、今後も努力してまいります。
話は変わりますが、7月から胃内視鏡検診が始まります。今年度対象となっている方は、2020年に対象だった方です。一昨年検査された方も、受けるのを控えた方もぜひお考えください。大腸内視鏡検査や他の検診も併せて受けることができますので、申し込みの時にお問い合わせください。病気が見つかったり治療を受けたりすることを怖いと思う方もいるでしょうが、早く見つかればそれだけ体の負担は軽く治療ができ治癒の確率もあがります。結果的には、早く元の生活に戻り健康を維持することができますので、ご検討ください。

病院長
西村 一宣
理念

❶ 地域住民の方々が安心して暮らしていけるよう、広域の医療機関と連携し、質の高い医療を提供することにより社会貢献していきます。

❷ 職員が物心両面において満足感と幸福感を持てる病院をめざします。

基本方針
救急医療
24時間、365日、いつでも患者さんが受診できる体制を作っていきます。
住民の健康管理
地域住民の方々に情報を提供し、がん及び生活習慣病の早期発見・早期治療で
地域住民の方々の健康管理を支援していきます。
地域連携
医療機関をはじめ他の機関との連携をとり、協力し合い、
患者さんにとって、よりよい医療を提供できる体制を作っていきます。
自己研鑽
医療従事者としての自覚と誇りをもち常に医療水準の維持向上に努めます。
ロゴマーク
右側は嶋田病院のSをモチ-フに
左側にホスピタリティの意味を込めてハ-トの形を添えています
全体で羽ばたく翼をイメ-ジしています