当院について
HOME(ご来院される方) > 当院について > 病院長あいさつ・理念
会長あいさつ・理念
 今年も4月1日、嶋田病院では30名の新入職員を迎え入職式を行いました。嶋田病院は、この30名の新入職員を心から歓迎し、一人ひとりの人生が素晴らしい人生になることを願っています。
 嶋田病院は今年9月で創立60周年を迎えます。1962年、昭和37年に先代、嶋田國重先生が小郡のこの地に嶋田外科医院を開設して以来、「救急が医療の原点である」の考えをもとに、小郡、大刀洗の地域を中心に救急医療の質を向上することに努めてきました。新たな救急センターも順調に稼働し、昨年度の年間救急車搬入台数は2500台を超えました。ご承知の通り、2年前から始まった新型コロナウイルス感染症に対しても、いち早く地域における帰国接触者外来、発熱外来、PCR検査センターを開設し、そしてコロナ感染者の入院受け入れに至るまで病院スタッフはできうる限りの活動をしてくれています。
 今年に入り猛威を振るったオミクロン株も一時減少の兆しをみせましたが、残念なことに蔓延防止策の解除後、再度の増加傾向を見せており予断を許さない状況が続いています。一方では、我が国は確実に高齢化社会に入っており、患者さんの動向も変化してきています。嶋田病院も地域の先生方と協力しながら新たな時代にふさわしい医療提供体制の構築に向け取り組んでいます。嶋田病院は4月から、みい農業共同組合と業務提携を結び、今までJAみいが行っていた、いきいきプラザでの介護事業を引き継ぐこととなりました。今まで嶋田病院ではできなかったデイサービスや訪問介護などの事業も展開できるようになり、今までの「病気を治す」だけでなく、「治し支える」これからの時代に即した医療が実践できるようになると期待しています。これからも嶋田病院は「地域の方々が安心して暮らしていける」ように、職員一丸となり地域医療に向き合っていきます。

会長
島田 昇二郎
病院長あいさつ・理念
 先日は町内の美化清掃日で、朝から近所のゴミ拾いをしながら歩きました。朝から快晴で気温は10℃。薄着ではやや肌寒くはありましたがちょうどよい日差しで、久しぶりにのんびりした歩調でぷらぷらするのに気持ちの良い日でした。
 自宅の周囲は田んぼしかないような田舎で、3月のはじめぐらいからあちこちで草花が伸びてきているのは気づいていましたが、今ではすっかり緑も濃くなり、ふと吹いてくる風の中に土と草木のとても良い香りがします。自分に花粉症がないことに感謝しつつ、マスクなしで散歩を楽しみながらゴミを拾いました(もちろん公民館集合の時はマスクをしました)。
 コロナの新規感染者数はなかなか下がりませんが、入院数も重症者数は第4波、第5波のときと大きな増加はなく経過しています。これは、オミクロン株が重症化しないというだけでなく、国民の8割がワクチンの接種を2回終えていることや高齢者の3回目の接種が進んできていることの効果と考えられます。また、コロナ治療の経験が蓄積され、重症化する前の薬の使い方や管理の仕方がわかってきたことも理由の一つでしょう。
 今年も多くの新入職の人たちを嶋田病院に迎えることができました。ここ2年の生活は、今の社会人の人たちが経験した学生生活とは大きく違ったものだったでしょう。私たちと違った若いときの経験がプラスになるように、自ら考え行動する人になってほしいと願います。新しい仲間を迎え、職員と共に、創立60周年の今年がより大きな躍進の年になるように、精進してまいります。

病院長
西村 一宣
理念

❶ 地域住民の方々が安心して暮らしていけるよう、広域の医療機関と連携し、質の高い医療を提供することにより社会貢献していきます。

❷ 職員が物心両面において満足感と幸福感を持てる病院をめざします。

基本方針
救急医療
24時間、365日、いつでも患者さんが受診できる体制を作っていきます。
住民の健康管理
地域住民の方々に情報を提供し、がん及び生活習慣病の早期発見・早期治療で
地域住民の方々の健康管理を支援していきます。
地域連携
医療機関をはじめ他の機関との連携をとり、協力し合い、
患者さんにとって、よりよい医療を提供できる体制を作っていきます。
自己研鑽
医療従事者としての自覚と誇りをもち常に医療水準の維持向上に努めます。
ロゴマーク
右側は嶋田病院のSをモチ-フに
左側にホスピタリティの意味を込めてハ-トの形を添えています
全体で羽ばたく翼をイメ-ジしています