診療科について
HOME(ご来院される方) > 診療科について > 担当医一覧 > 担当医詳細(井口 孝介)
担当医詳細
医師の紹介
Doctor’s Information
担当科

循環器内科 総合外来

専門分野

冠動脈疾患・閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性疾患のカテーテルによる検査・治療(3,000例以上)
徐脈性不整脈に対するペースメーカー手術
失神の原因精査のための埋め込み型ループ式心電計植え込み術
腎性高血圧に対する腎動脈ステント留置術など

内科部長(循環器)・心臓カテ―テルセンター長

井口 孝介

INOKUCHI KOSUKE

虚血性心疾患に対するカテーテル検査・治療はお任せください!
当院に心臓カテーテル室が新設され、その充実を図ることで地域医療に貢献したいと考えています。

◆診察にあたり心がけている事
患者の話に耳を傾け、患者の要望に沿った診療を行っていくこと。

◆嶋田病院にて取り組みたいこと
狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患および下肢閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性疾患の検査・治療を専門としています。これらの疾患に対するカテーテル検査・治療ができる環境を確立することで地域に貢献したいと考えています。
また、動脈硬化性疾患のみでなく、循環器疾患全般にわたり至適薬物療法(OMT)から心臓リハビリテーションまでの包括的治療(Comprehensive Therapy)を行っていきたいと思っています。

◆地域医療連携について
患者の医療に対する満足度を高めるためには欠かせないものと考えています。診療所(クリニック)からお預かりする患者様に満足のいく治療をお受けいただくためには、より高い医療環境・技術を備えることが病院には求められると思います。このたび当院に心臓カテーテル質が新設されたことを機に、その充実を図ることで地域医療に貢献したいと考えています。

◆地域の先生方へ一言
冠動脈疾患・閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性疾患の検査・治療を専門として参りました。その他、徐脈性不整脈に対するペースメーカー手術、失神の原因精査のための埋め込み型ループ式心電図植え込み術、深部静脈血栓症に対する下大静脈フィルター留置術、腎性高血圧に対する腎動脈ステント留置術など様々な手技について多数の経験を有しています。
先生方の様々なご要望にお応えできるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

所属学会

日本循環器学会
日本内科学会
日本脈管学会

経歴

平成8年3月 産業医科大学医学部 卒業
平成8年6月 産業医科大学病院 内科研修医
平成9年6月 北九州市立医療センター内科・循環器科研修医
平成10年6月 国立病院機構九州医療センター循環器内科レジデント
平成12年5月 三信会原三信病院循環器内科
平成13年5月 九州大学病院 循環器内科医員
平成16年10月 聖峰会マリン病院 循環器内科
平成20年4月 高邦会福岡山王病院 循環器内科
平成28年4月 嶋田病院

資格取得

日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定医