診療科について
糖尿病内科
概要
担当医師
診療内容
設備
センター・病棟
専門外来
当診療科について

糖尿病内科とは、糖尿病などの代謝疾患に対して専門的な診療を行う診療科です。
糖尿病専門医と糖尿病療養指導士(専門看護師・管理栄養士・理学療法士・薬剤師)がチームを組み、食事や運動・内服やインスリンなどによる治療や指導にあたっています。
平成19年9月からは地域全体での糖尿病療養の向上を目指して循環型糖尿病連携パスの運用を行っています。
主な対象疾患

主な疾患は
1型糖尿病・2型糖尿病

外来担当医

糖尿病内科

(2019年10月19日更新)

診察時間
午前
1

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

●蘆田 健二 (9:00〜12:00)

伊藤 洋 (9:00〜12:00)

2

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

午後

●蘆田 健二 (13:00〜17:00)

午前
4

金城 達也 (9:00〜12:00)

5

林 恭加 (9:00〜12:00)

6

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

金城 達也 (9:00〜12:00)

7

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

8

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

●蘆田 健二 (9:00〜12:00)

伊藤 洋 (9:00〜12:00)

9

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

午後

●蘆田 健二 (13:00〜17:00)

午前
11

金城 達也 (9:00〜12:00)

12

林 恭加 (9:00〜12:00)

13

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

金城 達也 (9:00〜12:00)

14

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

15

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

●蘆田 健二 (9:00〜12:00)

伊藤 洋 (9:00〜12:00)

16

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

午後

●蘆田 健二 (13:00〜17:00)

午前
18

金城 達也 (9:00〜12:00)

19

林 恭加 (9:00〜12:00)

20

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

金城 達也 (9:00〜12:00)

21

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

22

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

●蘆田 健二 (9:00〜12:00)

伊藤 洋 (9:00〜12:00)

23

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

午後

●蘆田 健二 (13:00〜17:00)

午前
25

金城 達也 (9:00〜12:00)

26

林 恭加 (9:00〜12:00)

27

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

金城 達也 (9:00〜12:00)

28

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

29

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

●蘆田 健二 (9:00〜12:00)

伊藤 洋 (9:00〜12:00)

30

赤司 朋之 (9:00〜12:00)

午後

●蘆田 健二 (13:00〜17:00)

※●:非常勤
※診療時間・担当医師は、急患搬入時・学会出張など医師の都合により予告なく変更される場合があります、ご了承ください。
※詳しくは、お電話・窓口までお問い合わせください。

担当医師一覧
内科部長(糖尿病) 赤司 朋之

担当科
糖尿病内科

赤司 朋之
AKASHI TOMOYUKI
内科部長(糖尿病)
 林 恭加

担当科
糖尿病内科

林 恭加
HAYASHI SUMIKA
 本郷 優衣

担当科
糖尿病内科

本郷 優衣
HONGO YUI
 金城 達也

担当科
糖尿病内科・総合外来

金城 達也
KINJYO TATSUYA
 伊藤 洋

担当科
糖尿病内科・総合外来・内科

伊藤 洋
ITOU HIROSHI
非常勤 ●蘆田 健二

担当科
糖尿病内科

●蘆田 健二
ASHIDA KENJI
非常勤
糖尿病

この地域の糖尿病患者さんが重症化しない、境界型患者さんや住人の方が糖尿病にならないことを目的に、日本一の糖尿病モデル地区を目指し、糖尿病プロジェクトを結成して活動しています。

糖尿病について
糖尿病の患者
糖尿病プロジェクトチームを組んでサポート
糖尿病を患っている人というのはどのくらいいるのでしょうか?成人日本人の10人に1人が糖尿病または、糖尿病予備軍といわれています。年齢別に分けると40歳以上の実に5人に1人がそれにあたります。

糖尿病患者さん

完治はしませんがコントロールできる病気です。
生涯にわたって付き合う病気です。
自己管理する病気です。
絶えず変化する病気です。
また、糖尿病を放っておくと恐ろしい三大合併症に繋がります。

境界型患者さん
(糖尿病予備軍)

糖尿病ではない状態を指しますが、空腹時血糖あるいはブドウ糖負荷テストで、糖尿病と診断できないまでも、明らかに正常値より高い血糖値を示すグレーゾーンにあたるタイプを日本では「境界型」と呼んでいます。

未病の患者さん
(糖尿病予備軍)

糖尿病にならないために1日3食バランスを考えた食事を取りましょう。嶋田病院では疾病の治療だけにとどまらない地域医療を目指し、無料健康教室を開催しています。

検査(診断方法)・治療方法

糖尿病と言えば嶋田病院と言ってもらえるよう実績と信頼を目指してます。

かかりつけの診療所

日々の療養管理

一般診療・検査
投薬
体重測定
フットチェック

糖尿病連携
パスシート表にご記入

患者さんは、連携パスシート表を嶋田病院へ持参してください。

日々の療養管理
パスシート表にご記入

嶋田病院の管理栄養士 理学療法士 ・看護師がかかりつけの病院内で出張糖尿病教室を開催しています。
お問い合わせは、かかりつけ医院にてご確認ください。
嶋田病院

年に1~2回受診

栄養指導
フットケア
糖尿病性神経障害
(糖尿病性神経障害の治療)
検査(動脈硬化系の検査等)

生活指導など
コーディネートナース(当院と診療所の橋渡しの役割)
連携パスシートの申し送り
登録患者さんの来院状況や血糖状況の確認
新しい情報の提供
2ヵ月に1度 診療所の訪問

糖尿病専門医の診察

外来(代謝内分泌外来)
糖尿病の専門外来を行なっています。管理栄養士による栄養相談、看護師による生活指導や足病変のチェック、薬剤師による薬やインスリンの説明による自己血糖指導などもいつでもできるようにしています。外来での インスリン導入も行っています。
入院
あらゆる状態の糖尿病の患者さんに対応できる体制を整えています。1週間の教育入院では自分の病態をしっかりと把握したうえで、食事療法や運動療法を習得していただきます。 当院は、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、運動療法士などが一体となったチーム医療を行なっています。10数名の糖尿病療養指導士が各部門に配属され、いつでも患者さんからの相談を受けることができるようにしています。いつでもご相談ください。

糖尿病教室

糖尿病に関する色々なテーマで皆様にわかりやすい講義を心がけています。

日 程 毎週土曜日
時 間 15:00~16:30
場 所 新東館5階研修室(会議室1)
参加費 無料

くすのき会

糖尿病患者さんと境界型の患者さんに糖尿病に対する理解や知識を深めるために「くすのき会」を発足しております。
会員様概要(入会無料)
ウォークラリーなどの健康活動開催
定期的な会報の発行(年4回)
糖尿病教室、健康教室のご案内
会員様の集い、集会の開催
担当医指導のもと、ウォーキング途中、ゲーム・クイズなどもあり和やかウォーキング。
楽しい昼食は管理栄養士手作り弁当。(お弁当が食事の参考になるとのご意見もいただきました)
11/14は「世界糖尿病デー」
糖尿病プロジェクトチームを組んでサポート
192カ国が11月14日を「世界糖尿病デー」として指定しました。「糖尿病との闘いのため団結」というキャッチフレーズで国連や空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を使用したシンボルマークを採用。全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。 毎年当院ではブルーの風船を飾るなどして、患者さんの情報提供などを行っています。
糖尿病センター(代謝内泌外来)

新東館の1階に専用の診察室、指導室、フットケア室を設け、専門医による診察、足病変のチェック、栄養指導などを行える糖尿病センターを設置しました。日本一の糖尿病モデル地区を目指して糖尿病療養の向上にとりくみます。


Warning: Smarty error: unable to read resource: "/usr/home/z103066/html/shinryo/include_cont/contents5/gairai.html" in /usr/home/z103066/_syslib/smarty/Smarty.class.php on line 1092